不定愁訴の原因

今回は、不定愁訴の原因について話します。

不定愁訴というと、まず原因にされるのがストレスです。

たしかに、ストレスの蓄積は精神状態に
大きな悪影響を及ぼします。

しかしながら、ストレスだけが不定愁訴の
原因とは限らないのです。

例えば、首の疾患が精神面に悪影響を
及ぼすという事例はかなり多いのです。

首の筋肉がこってくると、自律神経に影響がでます。

具体的には、交感神経が優位の状態が持続して
しまうという形になるのです。

こうなってしまうと、リラックスしている感じが
なくなり、精神のゆとりがだんだんと失われます。

この状態が持続すると、不定愁訴の原因に
なってしまうというわけなのです。

このように、不定愁訴の原因は、身体的な異常に
起因していることも多いです。

心療内科にいってストレスだと断定してしまう前に
身体的な異常もチェックしてみることが肝心です。