頚椎椎間板ヘルニアの症状について

頸椎椎間板ヘルニアの症状について説明します。

頸椎椎間板ヘルニアの症状は、ヘルニア部分が
神経を圧迫することによって生じます。

まず、もっとも軽い症状が、首こりや肩こりなどです。

この段階では、日常でもよく経験する範囲なので
そこまで心配する必要はないのです。

ただ悪化すると頸椎椎間板ヘルニアを発症する
可能性もあるので、注意が必要です。

症状が進むと、手のしびれが出てきます。

これは先ほどもいったように、ヘルニア部分が
腕の神経を圧迫しているために起こります。

神経が圧迫されていると、脳から腕への神経伝達
がうまくいかなるためにしびれが生じるのです。

また、神経を圧迫すると、しびれのほかにも
感覚が鈍くなることもあります。

熱いという感覚や、冷たいという感覚が鈍くなる
というようなことが起こります。

肩こりや首こりを通り越して、しびれや痛み
感覚の麻痺などの症状が出てきた場合は、
一度病院で診察をうけることをおおすすめします。